議 会 報 告

2017年9月議会一般質問

9月議会一般質問

1.防犯灯について

  防犯灯につきましては、一昨年度末にESCO事業のもと市へ全て移管されました。

その後、1年間は調整期間として新規設置を受け付けないことになっておりました。また、現在民地内に在る鋼管柱撤去をすることになっておりましたが、未だ撤去されていないとの苦情があります。
私も防犯協会の支部長をしておりますが移管、撤去などの書類の提出を急がされたのに遅いといったものです。

また、本年4月より新規防犯灯設置の受付が始まりましたので、申請をしました。しかし、従来なら、自治会で即決して頂いておりましたが、市への申請になり可否決定の知らせがなかなか届きません。

よって質問いたします。

1.      鋼柱の撤去は、いつ頃までに完了するのか教えてください。

2.      防犯灯の新規受け付け分の可否判定はいつ頃になるのでしょうか。また、設置はいつ頃になるか。この件につきましてのタイムテーブルがあれば教えて下さい。

 

2.防犯カメラについて

防犯カメラの設置について私は以前にも質問しておりますが、再度質問いたします。

今年度からの3年間で毎年100台の防犯カメラを設置する計画を進めておられます。現段階では3年間でこの計画を終了する予定のようですが、それ以後の計画や県・市の補助金を資金として防犯
カメラを設置している自治会や団体があります。この補助金はいつまで続けるのでしょうか。

   以前にも質問しましたが、カメラは6~7年で更新しなければならないようです。更新時期に於いても補助金が出るのか気にかかります。前回の質問に対しては、これから検討してまいりますとの答
弁がありました。また、別の質問に対し、直営になれば、市が引き受けるような答弁もありました。

  防犯カメラが犯罪の解決に大きな力を発揮していることは認めるところです。しかし、防犯カメラの設置が犯罪の抑止にどの様につながっているのか。防犯カメラの設置個数と犯罪減少が検証されてい
るのかなど疑問に思うところもあります。

 質問いたします。

  1.3年後以降の設置についての計画があるのかお聞きします。

  2.更新時期の補助金、直営での引き取りに対する考えなどをお聞かせください。

  3.防犯カメラを設置した場合の犯罪抑止力の効果など検討されたのかお聞きします。

 

(中尾市民局長 答弁)

1番目の「防犯灯について」のご質問につきまして、お答えいたします。

まず、「防犯灯鋼管柱の撤去」についてですが、防犯灯の市直営化に伴い、

地域から約21,000本の防犯灯の移管を受けました。

そのうち、鋼管柱に設置されていた防犯灯については、市への移管の際に、

灯具を鋼管柱から電柱に付け替えを行い、残った鋼管柱の撤去対象が約1,200本ございました。昨年の11月から、まずは、公道に設置している約200本の鋼管柱の撤去を行い、残り約1,000本の撤去も今年度中には完了す
る見込みです。

 

次に、「新設防犯灯の設置可否通知などのタイムスケジュール」についてですが、

防犯灯の新設要望につきましては、今年4月から受付を開始し、6月までの3ヵ月間で、約150本の要望がありました。要望内容の点検等に時間がかかり、可否の通知が遅くなったことで、ご迷惑をおかけいたしましたが、こ
の3ヵ月分の要望につきましては、8月末に可否の通知を発送したところです。

今回分の新設工事は、9月から開始し、11月上旬には完了見込みです。

防犯灯の新設につきましては、年2回の工事発注を予定しており、7月以降に受付

した要望分は、12月頃の設置工事開始を予定しております。

 

引続き、2番目の「防犯カメラについて」のご質問にお答えします。

まず、「直営設置の計画」についてですが、今回の防犯カメラ設置事業は、

29年度から31年度までの3年間に300台を設置するものです。

設置場所については、警察から、犯罪情報等に基づいた防犯上必要性の高い場所として意見をいただき、さらに小学校区ごとに、設置場所検討会を開き、地域の意見をお聞きしたところです。まずは300台を設置し、効果
検証を行ない、費用対効果を評価しながら、設置のあり方について判断してまいりますので、現時点で、

平成32年度以降の計画は決まっておりません。

 

次に、「防犯カメラ更新時の補助金と市による引取り」についてですが、

防犯カメラの設置補助事業は、28年度から3年間のサンセット方式で実施しております。この2年間で、13の自治会等から申請があり、今年度設置見込みを含めて37箇所の設置予定です。市直営の防犯カメラ設置事業を
実施するようになったこともあり、設置実績は、想定を下回ったものとなっております。

これまで、自治会等から補助金申請をいただく際には、新たに設置する場合のみが、

対象経費であることをご理解いただき、またこの度の、防犯カメラ直営事業の説明会においても市の補助金は、新設の場合の経費が対象で、維持管理経費は補助できないこと、及び30年度で終了予定であることを説明さ
せていただきました。

防犯カメラの設置補助については、30年度で終了したいと考えており、

更新にかかる補助の予定はございません。

また、市によるカメラの引取りについてですが、市直営の設置方式が決定する以前に、議会答弁の中で、補助金で設置したカメラの引取りの可能性について答弁いたしましたが、その後、直営方式の検討をした結果、300
の防犯カメラは、効率的な管理とセキュリティ面で万全を期すためにカメラの機種を統一し、ネットワークによる一元管理、運用を行うこととなったため、自治会等が設置された防犯カメラを、市が引き取り、市のネットワークに
組入れることは困難であると考えております。

 

次に、「防犯カメラの犯罪抑止力など効果の検討を行ったのか」についてですが、

防犯カメラ設置による犯罪抑止効果については、平成28年度の民生常任委員会の施策研究テーマ「直営型防犯カメラのあり方と求める効果について」で提言いただき、市といたしましても、種々検討したところです。

その結果、防犯カメラの設置が直接的に犯罪を減少させる根拠は見つからなかったものの、一定の犯罪抑止力、住民の防犯意識の高揚、事件等の早期解決に資すると考えております。

そのため本市では、設置台数重視ではなく、主に子供に対する犯罪等を対象とし、

警察からの意見を参考に、通学路を中心とした防犯上効果的な場所に設置を行い、

効果検証の手法を決定し、それを踏まえ、今後の防犯事業を進めることとしたものです。

 

3.今村市長の残された課題について

 今村市長は、平成26年4月に当選され、6月の定例会を待たずに議会で決定していたアサヒビール工場跡地の購入を選挙公約として白紙撤回をされました。

このことからアサヒビール工場跡地での本市には重要な、公園の設置、病院、西宮消防署、体育館の建替えも同時に白紙となり、公園以外は現地建替えなどにこだわった政策に変わり推進されております。

 市長の任期もあと半年足らずとなってきました。3年数か月の間、市長がこのことについて、どのように関わってこられたのかお尋ねしたいと思います。

 まず、中央病院の移転新築計画を白紙撤回され、県立病院との統合を推進され現在に至っております。病院当局間レベルでは統合に向けた様々な話し合い行われておりますが、現時点においても県と市間
では統合に至っておらず先の見えない状況です。平成26年度から平成29年度までに、現在の中央病院に約30億円を超える設備投資が行われようとしており、平成29年度開院予定であった当初計画で
ならば必要ないと思われるものが多く含まれております。また、議会からの要望もありましたが統合病院のため買い戻した土地の価格が8億円増しです。これは無駄遣いと思われます。

 次に西宮消防署ですが、隣接する市営住宅を取り壊し、建替える計画を進めておられますが、現在まだ退去されていない居住者おられます。

いつになれば着工できるのでしょうか。

今回、甲東分署の建替え計画書と比べますと格段の差があります。

仮眠室、休憩室、事務所内の設備など老朽化した施設を工夫しながらの運用です。各所での雨漏り等々大改修もできず、その場しのぎの修繕で対処しておられます。

第2庁舎の建設で災害対策本部は機能するようになりますが、末端の施設が被災しては対応できません。いつ起きるかわからない南海トラフ地震に対応するためにも一日も早い建て替えが望まれます。

 体育館の建替えですが、敷地内の野球場を用地として計画しようとしておられますが、体育館への交通アクセス、周辺の交通環境対策など懸念されるところです。

新たな問題としましては、バスケットボールのBリーグ、ストークスは今年度2部で優勝し、来年度は1部昇格です。2部で3,000人、1部では5,000人規模の観客収容能力が必要となります。
開催会場につきましてもホーム開催が30ゲーム中18ゲームであったのが24ゲームになります。

開催日も観客動員が見込める土日開催でなく金土・日月となっております。プロチームを招致しながら如何なものでしょうか。また、新設する体育館の規模にもよりますが体育協会に所属する各団体、一般
の使用にも弊害が起こると考えられます。

このようなことを踏まえながら質問したいと思います。

1.中央病院と県立病院の統合問題と設備投資についてお聞きします。

 ア.現状での病院統合に向けた取り組みの進捗状況はどのようになっているのか。また、市長はどのような取り組みを実施されたのかお聞きします。 

 イ.市長は県・市の統合を掲げておられ、単独はあり得ないと思っておられるかも知れませんが、市長が就任された平成26年度以降、今年度までに約30億円を超える設備投資が行われようとしており、
その多くが露休暇対策や耐震工事など、当初の市単独での移転整備計画を進められていたならば必要のないものです。    

これぞ市長の嫌いな無駄使いではないかと思いますが市長はどのように思われているのかお答え下さい。

2.西宮消防署の建替えについてお聞きします。

 ア.隣接の市営住宅はいつになれば全て空室になるのか教えて下さい。

 イ.いつ起きるか分からない南海地震、災害に備えての施設等の整備が急がれるところと思います。消防署の建替えにつきましても当初の計画であれば問題なく進んでいたと思われます。

   この遅れについてどのように思われているのかお答えください。

3.体育館の建替えについてお聞きします。

 ア.河原町の野球場を体育館の建設用地として計画を進められているようですが、周辺環境対策、体育館までの交通アクセスなどの計画及び周辺住民の皆様との合意についての進捗状況を教えて下し。

 イ.体育館の規模、施設のあり方についての考えをお答えください。

 ウ.体育館の計画について、例えば経営や運営、イベントプロデュースなどの経験者で構成する新時代にマッチした体育館を造るための検討委員会を設置し検討する必要があると思いますがそのような考
えはありませんかお答えください。

(3)今村市長の残された課題について

  ・中央病院と県立西宮病院の統合問題と設備投資についてお聞きする。

   ア 現状での病院統合に向けた取組の進捗状況はどうなっているのか。また、市長はどのような取組を実施したのか。

   イ 平成26年度から平成29年度末までに、現在の中央病院に30億円を超える設備投資が行われようとしており、市単独の移転整備計画を進めておれば必要のない老朽化対策、耐震工事も含まれて
いるが、無駄遣いではないのか。

 

(今村市長 答弁)

 ア まず、中央病院に関するご質問にお答えします。

県立西宮病院との統合に向けた取組につきましては、本年6月定例会の山田議員の一般質問でお答えしましたとおり、「兵庫県立西宮病院と西宮市立中央病院のあり方検討委員会」の検討報告書にお
いて統合を実現するための留意事項として記された「経営主体・形態、整備場所、整備費・運営費の負担方法、統合再編後の跡地利用等、統合再編を進めるに当たっての課題解決」を図るため、6月に
市と県との間で事務レベルの検討会を設置し、検討を開始しております。

次に、病院統合に向けた私自身の取組につきましては、平成26年度と翌27年度の「兵庫県・西宮市幹部連絡会議」におきまして、両病院の統合に関する事項を議題とし、直接、私から知事に対し、
市としての考えをお伝えしてきました。さらに、両病院の統合が議題とならない会議におきましても、知事と同席する機会がある場合には、両病院の統合について迅速な対応をお願いしており、先月
31日に開催された「阪神南地域づくり懇話会」におきましても、知事に対し、市、議会、市民の期待が大きい両病院の統合について積極的なリーダーシップの発揮をお願いしたところです。

また両病院に多くの医師を派遣いただいている大阪大学とも公式非公式とわず市長就任以前から緊密なやりとりをしております。市長就任以降は、医学部長に直接お会いして両病院の統合についての
協力をお願いしており、本年4月の医学部長の交代に伴うご挨拶の訪問の際にも、改めて協力のお願いをしてまいりました。

 

イ 次に、現在の中央病院への設備投資につきましては、市長就任直後の平成26年6月定例会での所信表明で申し上げましたとおり、そもそも中央病院単独での移転整備では、市内の医療環境の向上に
つながらないとの判断から、県立西宮病院との統合を目指す取組へと方針を変更したものでございます。本年3月には、外部の有識者等で構成する「兵庫県立西宮病院と西宮市立中央病院のあり方検討
委員会」からも「両病院を統合し、新用地に新病院を整備することが最も望ましい」との検討報告書が提出されております。

また、病院統合に向けた取組を実施することにつきましては、平成26年7月25日開催のアサヒビール工場跡地問題特別委員会におきまして、アサヒビール工場跡地の購入とともに議会にも同意い
ただいたものと考えております。その後も、議会におかれては、平成27年12月定例会では、両病院の統合が将来も含めた市民・県民の医療環境改善に寄与すると判断された結果、「県立西宮病院と
市立中央病院の経営統合を求める意見書」を、さらに、本年3月定例会では、あり方検討委員会からの検討結果を評価し、「県立西宮病院と市立中央病院の統合について速やかに決するよう求める意見
書」を、いずれも全会一致で可決し、知事に届けられたものと認識しております。これは予算や条例等の市当局からの提案ではなく、議会が主体的にその総意によって発意されたものであると認識して
おりました。このように、両病院の統合については市と市議会が一致して取り組んできた施策であります。今回ご提案いただいている論点については、3年前の議会で十分ご議論いただいたものと考え
ております。

なお、これまでの中央病院への設備投資につきましては、電子カルテシステムの更新に要した約7億円など、単独での移転整備を行った場合でも必要であったものも含まれており、いずれにしまし
ても、議会のご承認をいただいたうえで実施してきたものです。

 

(坂本消防局長 答弁)

次に、西宮消防署の建て替えについて、お答えいたします。

平成27年3月議会において、西田議員の代表質問に対し、

答弁した時点では、津門大塚町住宅には店舗3戸、店舗付住宅4戸、住宅26戸の計33戸に入居者がおられました。

その後、住替え交渉を進めた結果、現在、入居者は店舗1戸となっております。

引き続き、精力的に移転交渉を進めてまいります。

現在、新消防署に関する基本計画を策定しているところで、今年度中にパブリックコメント手続きを終え、平成30年度には本格的に設計業務に着手できるよう、消防局をはじめ関係部局と調整しています。

政策の変更については、より適切な計画への転換と考えており、

当初の計画で挙げていた完成時期と違うというご指摘ではございますが、それを遅れ、とは考えておりません。

また、当初の予定から移転先を変更しましたが、市議会のご理解とご賛同を得ているものと考えています。

(太田産業局長 答弁)

3番目の「今村市長の残された課題について」のご質問のうち、体育館の建替えについてお答えします。

まず、新体育館建設計画の進捗状況についてですが、平成28年3月に策定しました基本構想でお示ししたとおり、現在の多目的グラウンドに新体育館を建設する予定であり、駐車場については関係機関と協議をしており、周辺環境に与える影響について検討を重ねているところです。交通アクセスについては、単に駐車台数を多くすることではなく、公共交通機関等の利用を促すといった啓発活動やバス運行会社に臨時増便を要請するなど、周辺環境への影響に配慮した総合的な駐車対策に取り組む予定としています。現在、基本構想を具体化する基本計画を策定しており、年内に中間報告を実施する予定としており、その中で、地元住民の皆さまに対する説明会の時期を含め、今後の工程についてお示ししてまいります。

次に、新体育館の規模・施設のあり方についてですが、現体育館の使用実績などから、新体育館については、メインアリーナはバスケットボール3面分、サブアリーナは1面分相当の運動施設とし、機能強化を図った体育館を検討しております。

また、多目的に利活用でき、興行目的での利用も可能で、おおよそ5千人規模の観客収容を想定しており、現在よりも集客能力のある施設となります。

各種スポーツ大会だけでなく、西宮ストークスなどのプロスポーツ、文化イベントなど多目的に利活用できる施設を目指し、今年度中を目標として基本計画を策定してまいります。

最後に、新体育館計画にかかる検討委員会の設置についてですが、新体育館につきましては、貸館事業やプロスポーツの興行試合のみならず、文化イベントの開催なども想定しており、そのような施設の設計や運営には、民間の豊富なノウハウが不可欠であるため、事業手法について民間一括発注を想定しています。

民間一括発注の場合、整備計画とは別に、ハードやソフトに対して市が求める仕様を要求水準書などにまとめることとなりますが、この要求水準書の作成に関しては、関係機関やスポーツ団体などの意見や要望も参考に要求水準書案を作成し、さらに市の諮問機関であるスポーツ推進審議会において、新体育館に相応しい機能などについて各委員の経験や知識に基づいたご意見をいただく予定です。

このスポーツ推進審議会は、学識経験者、スポーツ関係団体、トップアスリートや市民からの公募などで構成されておりますが、新体育館に求める機能がスポーツ事業以外に文化イベントなど多種多様となることを想定しているため、ご質問にあるような検討委員会を別途設置する予定はありませんが、必要に応じて、経営、運営、イベントプロデュースなどの分野に詳しい外部専門家をスポーツ推進審議会へ招聘するなど、新体育館がこれからの西宮に適したものとなるよう、整備を進めてまいります。

 

【意見再質問要約】

防犯灯について

・鋼管柱の撤去につきましては、今年度中の終了、了解しました

移管は急がされたのに撤去が遅い(市民の意見)

ESCO事業と一体事業と思っている市民が多くある

 情報の提供を早くして欲しい

・新設の可否決定が遅いので質問しました

 8月に通知発送、9月から着工、11月上旬完了了解

・それ以後は、半年毎なのか。何月から何月までは何時可否決定し着工するのか、自治会、防犯協会に周知して欲しい。

防犯カメラについて

・3年間のサンセット方式の終了で現時点では計画が終了。

・自治会等の新設37箇所の設置予定のカメラは引き取れない

・更新時の補助金は廃止

・更新できないところが出ないよう検討してください

・今後は統一機種の設置を進めて欲しい

 

消防署について

 ・入居者が店舗1戸との答弁、顧客の問題があると思うが予測されていなかったのでしょうか。(質問)

 

体育館について

 ・周辺環境対策など周辺住民への説明は行われておりませんが、新しく建設する場合は、高木北小学校の例もあるように地域の賛同が不可欠と思っております。

  周辺地域を計画段階から巻き込む考えはないか(質問)

 ・多目的に利活用できる施設を目指すことには賛成です。

 ・検討委員会を別途設置する予定はないとの答弁ですが、多目的に利活用できる施設と考えるならば、スポーツ推進審議会にこだわらず、新しい発想を得るためにも体育館建設特別検討委員会的なものを
作り多種業の専門家の発想で検討してもらうこと考えませんか(質問)

中央病院について

・統合について市長は、会議・催しなどの機会でなく、知事に病院統合について直接お願いされたことはありますか。(質問)

・約30億円の無駄遣いと言っておりましたが、約7億円は必要経費ということですから引きますがそれでも約23億円に上ります。議会が承認していると指摘されておりますが、政策の転換により発生
しているものと考えております。

 議会も現状に於いて最良と思われる判断をして賛同しているものであって、決してもろ手を打って行っているものではないことを認識して頂きたいと思います。

 このことを踏まえて政策の転換によるものであれば市長の責任ともなりますので再度お答えください(質問)

 

【再質問に対する答弁】

 ・消防署に関する再質問

早い対応をする

 ・体育館関する再質問

   地域を計画段階から巻き込んだ検討は、示すものが無いので計画ができてからする

   体育館の計画は、既存の委員会でゲストを招いて行うので特別委員会は造らない

 ・中央病院に関する再質問

   知事へは直接面談を申し入れてのお願いではなく、会合等の序に行われた

   私(市長)だけの責任ではなく、議会の承認を得ているの問題はない

 

【再質問を踏まえた意見要望】

 消防署については、一日も早い建て替えを要望

 体育館に関しては、私の質問の趣旨が伝わってなかった様であるため、地域に関しては早い段階での計画参加を求めた

 委員会についても他業種の意見を大いに取り入れるように求めた

 中央病院では、市長に任せていると先が見えないため議会が県との統合を後押しした状況であることを伝える

 政策の転換を認めているわけではなく、行政の流れを止めないものであることを伝える

【再々質問】

 市長の選挙公約は、任期中の4年間で形にするものではないか

【市長答弁】

 市長の仕事は公約ではなく、4年間一生懸命することが大切である

【意見】

 選挙公約で訴えて当選しているのに納得のいかない答弁でした


【感想】
 市長は、答弁の中で中央病院と県立病院との統合については議会も賛成しているので問題が無いように答弁がありました。
 議会の賛同については期限が切られたアサヒビール工場跡地の問題があり、市長だけでは県の賛同が得られないであろうと議会独自の判断で行ったものである。
 また、体育館の建替えについては、施設費が100億円以上と言われており、第2庁舎の新設も絡みそれだけの財源をどう確保するのか。
 これだけ計画が遅れているのであれば、体育館については民間に任せるなどの方法もあると思います。
 お役所的感覚を捨て、柔軟な対応が望まれます。